月: 2021年4月

においに敏感な私の口臭対策

私はにおいにとても敏感です。特に家族以外の人のにおいが苦手で、他人と距離を置いて生活をするようなタイプです。

キラハクレンズは販売店での市販なし…!私の口コミと効果を暴露

そんなにおいに敏感な私が一番苦手なのが口臭です。特に年を重ねると口臭が強烈なにおいを持っているように感じます。会社に勤めている際は、上司の口臭が特に苦手でした。タバコを吸う方は、その人の口臭にタバコのにおいが混じり本当に嫌でした。また女性の上司のコーヒーを飲んだ後の口臭も嫌いでした。

そしてそんな私もアラフォーになり、今度は自分の口臭が気になってきました。しかし残念なことに自分のにおいは分からないものです。でももしかしたら私も臭いのかな?と思うようになってしまいました。そこで私が気を付けている事は、食事の後は必ず歯磨きをするという事です。特に私はコーヒーが大好きなので、コーヒーを飲んだ後は必ず歯を磨くようにしています。もしそんな時間がない場合もうがい薬などで口の中を清潔に保つようにしています。また長時間何も飲まないでいると口の中が乾いて、口臭が臭くなるようにも感じます。その為定期的に水を飲むようにもしています。口臭が苦手な私だからこそ、人一倍口の中のにおいにはこだわって気を付けられるところは気を付けていきたいと思います。

ずっと悩んできた乾燥肌

私は20代前半なのですが、高校生の頃からずっと乾燥肌に悩んできました。評判通り?シルクリスタを購入して使ってみた効果と私の口コミ体験談!

高校は自宅から遠く、毎日片道9kmを自転車でこいで学校に通っていました。

冬になると風が強く、自転車をこぐと肌がすぐに乾燥してしまい、鼻の下の皮が頻繁にが剥けて、赤くなって痛くなっていました。

また、体も肌に何も異常が無いにもかかわらず、乾燥によってあちこちにかゆみが生じて、かきむしってしまうことも多々ありました。

大学生になってお金に余裕が出来たので、色々な化粧水を試してみました。

その結果、日本酒を含んだ化粧水がコスパと保湿性に優れていて最も良かったです。お店で800円程度で購入でき、たくさんはいっているので何ヶ月かもちます。最初は日本酒独特のにおいが少し気になりましたが、慣れれば気にならなくなりました。この日本酒入りの化粧水を使った後、他の化粧水を使用すると保湿が足りないせいか体がかゆくなってしまいました。ですので、乾燥肌には日本酒や、または酒粕を含んだ化粧水がおすすめです。

また、最近ほうれい線が若干気になってきました。普通にしているときでもほうれい線がうっすらでてきているのが気になります。ですので最近は顔の筋肉を鍛えたり、口を大きく膨らませてほうれい線が消えるような、口元を鍛える運動を意識して行っています。

毛穴をどうにかしたい!

年齢とともに気になる毛穴の開き。気になりだすと鏡を見るのも嫌になってしまうくらい、小鼻や頬の毛穴が目立ちます。夏になると汗をかくとこの毛穴から化粧崩れをしてしまって、出先で直しても、もういったん開いてしまうと直しきれず・・・

透輝美

この毛穴がなければ、少しは肌がきれいにみえるのになぁといつも思っていました。

そんなとき、妹がとっても丁寧に化粧水をつけているのを見ました。そしてたまたまつけたテレビでも、化粧水はたっぷりしっかりと肌にのせると見つけました。そこで、ハトムギ化粧水なら安くて大容量で口コミもよいことから買ってきました。そして、手にたっぷりととった化粧水を、顔に5回はじっくりしみ込ませて、その後にオイルで潤いのふたをするようにしてみました。それを始めたのが夏でした。

肌の毛穴はさほど変化は分からないなと思っていた冬、毎年いくらクリームを塗っても白い粉が出ていた肌が、その年は全くかさかさになることなくすぎてびっくりしました。そして春、ふと思いついて鏡をよく見ると、毛穴が本当に前よりも目立たない!うれしくなって、化粧水をつけ続けました。一番よく分かったのが夏です。メイクをして汗をかいたとき、前だったら毛穴の周りのメイクがぽっかり浮いてしまっていたのが、ほとんど目立たなくなっていました。丁寧なスキンケアで、潤いを補充し続けることって大切なんだなぁと実感でした。

学生の頃のわたしへ「ニキビいじるな!」と叫びたい

みなさんは、お肌のトラブルを抱えていませんか?

http://www.bus-toyama.jp/

私は中高生の頃から、大量のニキビに悩まされていました。

しかも、それをひとつも残さず、潰しにかかっていたのです…

おかげで顔のいたるところに、ニキビ跡やクレーターが残りました。

そんなニキビの悩みを抱えつつ、私は社会人になりました。

まだハタチだったのに、ファンデーションをあり得ないくらい厚く塗り(塗り方も汚い…)、隠していました。

そんな肌のせいで、自信もなくなり、人と会うのも嫌になりました。

「このままではいけない、きれいなお肌になって、人前で堂々と笑いたい!」と思うようになり、思い切って肌サロンを訪ねました。

そちらでは、基礎化粧品や美顔器を販売していたのですが、なんと無料で正しい洗顔のやり方を教えてくれたのです。

ポイントは、たったの三つ。

一つ目は、体温と同じ温度の水で洗う。

二つ目は、洗顔料の泡をしっかりたて、手が肌に触れないように泡で洗うことを意識する。

三つ目は、すすぎの際も、なるべく手が触れないように洗う。

その洗顔方法を試しに1週間続けてみました。すると、ニキビで赤くなった肌が今まで見たことないくらい、白くきれいになったのです!

半年後には、ニキビもできにくくなり、きれいなお肌を手に入れました。

洗顔の方法を変えただけで、肌質が変わるなんて、すごいですよね!

しかし、すでにあるニキビ跡やクレーターは消えてくれませんでした。

学生の頃にニキビをいじり倒さなければな…と、これだけは後悔してもしきれません(笑)

お肉好きのわきがに注意

夏がやってきました。

汗をかく季節に気になるのはやはりワキが。

プルーストクリームは販売店での市販なし…!私の口コミと効果を暴露

酷い人は例え距離が離れていても同じ部屋にいるだけで臭いが分かるほど。

私の知り合いにそれはもう酷いワキがの方がいます。

本人に自覚はあるようで、

デオドラントを使ったり、

湧き汗パットを使って服を守ったりしていますが、

とても申し訳ないのですが、

臭いの対策は十分できているとはいいがたいなと思ってしまいます。

ワキがは遺伝すると聞きますが、

不思議なことに本人の家族で同じようにワキがが強い方が見当たりません。

しかし友人の食生活を聞いたときにワキがが強い理由が何となくわかった気がします。

偏食です。

野菜をあまり食べず、

お肉はたくさん食べるという方はワキがになりやすいんだそうです。

そのうえビールが好きな場合その傾向は更に高まります。

実際、

肉が主食でビール好きのドイツ人にワキがの悩みを抱えている方は相当多いそうです。

ドイツ人は欧米諸国の中では清潔感に対する意識はかなり高い民族ですが、

そのドイツ人でさえワキがに悩むそうです。

日本人は毎日お風呂に入るのに、

こんなにワキがが強い人がいるのはなぜかというと、

風通しの良い和服ではなく洋服を着る事が一般的になったことと、

食の欧米化により、

欧米諸国の人たちと食生活が変わらなくなったことで、

ワキがが悪化しやすい環境で過ごしてしまう機会が多くなったことが、

ワキがで悩む理由の一つだといわれています。

もし、

ワキがで悩んでいる方で、

確かに肉好きでビールが大好きという方は、

お野菜の量を多めにし、

ビールをワインに変えてみるだけで多少ワキが体質が改善されるかもしれません。

ワキがが気になってしょうがないという方は、

一度食生活を見直してみる事をお勧めします。